Takalog

東南アジア・アフリカ・中東・中南米・・・世界一周の記録

もはや教祖!半身不随も全盲も治すアフリカの英雄「パスター・クリス」 ~アフリカ旅行記㉓~

 ジンバブエ ラストナイト。芋虫食ったり、路上でビール飲んで怒られたり ↓

sakigake.hateblo.jp

 

 

1.アフリカ編のラスボス・恐怖のヨハネスブルグ

 

1か月近くかけてきた東アフリカ編もいよいよ終盤に。最後はバスで南下して、アフリカ三大危険都市・ヨハネスブルグへと向かうことになる。

 

 

ヨハネスブルグ──

ダル・エス・サラーム(タンザニア)とナイロビ(ケニア)と並んでアフリカ三大危険都市に数えられる恐怖の街だ。

 

その恐怖伝説は枚挙に暇がない。

 

  • 強盗遭遇率150%
    街を歩けば必ず強盗に遭う。二度目に遭うかどうかは運次第 
  • 入ると絶対に死ぬビルがある
    犯罪者たちに乗っ取られたビルがあり、一般人は入った瞬間に射殺される 
  • ホテルが襲われ、宿泊客「全員」が強姦される
    夜にホテルが襲撃を受け、「男も女も」構わず全員が強姦される

 

 等々、恐ろしすぎる伝説が語り継がれている。

 

 

命知らずアピールをしたいわけでもないので、この街に行くのは避けたかった。しかし、南米に向かう飛行機が、ヨハネスブルグ発しかとれなかったのだ。

 

恐怖に震えながらも、ヨハネス行きのバスに乗り込む。

 

2.バスに日本人が乗ってると狙われる?

ジンバブエのブラワヨからヨハネスブルグまでは、約10時間ほど。

バスに乗って自分の席を見つけたのだが、何かがおかしい。

 

なぜか我々二人の席が両方とも通路側なのだ。

 

普通なら二人組には通路側・窓際をあてがうか、窓際席を前後であてがうはず。乗車率も7割弱といったところで、十分に余裕もあった。

 

不思議に思って乗務員に理由を聞いたところ、

 

「日本人が乗っていることが分かると、強盗に襲われるから」

 

とのこと。

ヨハネスブルグの治安はよくなっているとは聞いているが、怖すぎる・・・

 

 

3.生ける伝説!その名はパスター・クリス

バスの中では、30分ほどのDVDがエンドレスで流れていた。

 

「パスター・クリス」という有名な牧師が今まで起こしてきた「奇跡」の数々を紹介するという映像なのだが、なかなかにカルト臭かったので見入ってしまった。

 

↓ 彼がパスター・クリス

 

f:id:takahiro-saito0104:20190130110250j:plain

 

両足に障害を抱え、希望を失った少女

 

f:id:takahiro-saito0104:20190130110237j:plain

 

 

しかし、パスタークリスは彼女にエネルギーを送っただけで完治させてしまう。

まさに奇跡である。

 

 

↓ 車いすから立ち上がり、恩人・クリスの胸に飛び込む少女

 

 

↓ 全盲の少年も、クリスが触れただけで目に光を取り戻す



↓ 会場で奇跡の数々を目の当たりにして、歓声をあげる観客たち。

 f:id:takahiro-saito0104:20190130110241j:plain

 

他にも、寝たきりの老人に触れた瞬間起き上がる、末期ガンを完治させるなど数々の奇跡を起こしていく、パスター・クリス。

 

もはや一介の歌手を超えた、神にも等しい存在といえるだろう。

彼がいれば、世界の1つや2つ救えるのでは。

 

そして、この1ループ30分程度ビデオが、ブラワヨからヨハネスブルグまでの10時間の間、延々と流されている。どこぞのサティアンかと思った。

 

この映像をエンドレスで流そうと決めたバス会社にも、狂気を感じる。

アフリカの人はよほど救いを求めているのかもしれない。

 

ある意味、ヴィクトリアフォールなみの印象を脳裏に残してくれた映像を眺めながら、バスは恐怖のヨハネスブルグに到着する。

 

強盗が最も活発に動く深夜に・・・

 

ジンバブエ最後の夜に乾杯!したら怒られた ~アフリカ旅行記㉒~

長らく更新をサボってしまった。あの有名なインフレ紙幣、ジンバブエドルを手に入れた前回 ↓

 

sakigake.hateblo.jp

 

 

1.USドルの補給ポイント ジンバブエ

ジンバブエは飯もうまいし、人も優しい。

 

 

ノリで食べてしまった芋虫。食べた瞬間に吐くかと思ったけど、うまくもまずくもないリアクションに困る味だった。

 

 

何を食べてもそこそこうまいし、なにより1ドル~2ドル程度とコストパフォーマンスが抜群。

しかし、最もよかったのは

「USドルがおろせる」ということだ。

 

ホテルや電車のチケット、サファリツアーの代金など、アフリカでは多くの場面でUSドル払いを要求される。

日本人からしたら考えられない話だが、東アフリカのように経済が不安定な国の人々は、自国の通貨を信用していない。

実際にハイパーインフレに陥ったジンバブエのように、「自国の通貨が紙くず同然の価値にまで暴落してしまうかもしれない」という懸念を常に持っているので、世界的に信用力が高いUSドルを持っておきたいのだと思う。

 

ところが。アフリカではさまざまな場面でUSドルが必要にも関わらず、街のATMでクレジットカードを使っておろせるのは現地通貨のみ

 

必要なのに、補充できない──これは治安・衛生と同じくらい東アフリカ旅行の難易度を大きく引き上げる要因となっている。

 

ちなみに、日本円は海外では基本的に「ザコキャラ」である。タイや台湾など、アジアの数国やアメリカを除いて、換金レートは非常に悪い。

 世界的で断トツに強いのはUSドル、次いで旧フランス領で強いEUROといったところか。

 

必要なのにおろせない──少しずつUSドルが失われていく恐怖感がつきまとうアフリカにおいて、オアシスとなるのがジンバブエだ。

ジンバブエは自国通貨としてUSドルを使用しているので、ATMからUSドルを補給できるのである。

 

枯渇寸前だったUSドル紙幣がATMから出てきたときの喜びは、今でも覚えている。

 

ATMから当たり前のようにお金をおろせる──日本では当たり前すぎて感謝もしないことだが、アフリカではありがたく感じられる。

 

 

 

ブラワヨはジンバブエでもかなり大きい部類に入る街で、そこそこ活気に溢れている。

 

マーケットではソーラーパネルとか普通に売ってるけど、誰が買うんだろう。

 

 

 

2.ジンバブエの博物館はすばらしい

 

ブラワヨでは博物館見学に。

博物館見学に興味があったというより、暇だったので時間つぶしに入ろうと思った程度だったのだが、結果的に大当たりだった。

 3階建ての広大な館内は、「地球の歴史ゾーン」「人類の歴史ゾーン」「宇宙の歴史ゾーン」といったように、テーマごとの歴史が学べるようになっている。

 

 

造形物もハイクオリティで、1日いても飽きない構造になっている。

 

「所詮アフリカの博物館だろ」

 

そう思っていたのが恥ずかしい。

 

 

3.ジンバブエ最後の夜に乾杯!したら怒られた

 

いよいよ、翌日はジンバブエを離れて南アフリカヨハネスブルグに向かうことに。

 

いろいろあったアフリカも、終盤になってくると柄にもなく感慨深くなってくる。

ジンバブエ最後の夜にささやかな祝杯をあげようと、スーパーでビールを購入する。

 

早速飲もうと思い、スーパーを出たところで「プシュッ」と缶タブを引っ張ったところ・・・

 

 

「〇※▼#◎%*!!!!!」

 

 

缶を開けると同時に、怒り狂った複数の住民が向かってくる。

 

言っていることはわからないが、

どうやら路上でビールを飲んでいることに激怒しているようだ。宗教上飲酒が禁じられているイスラム教徒が多くいるジンバブエでは、人前で飲酒するなど、もってのほかなのだろう。

 

本当にこの旅はよく怒られるなあ。

 

自分の宗教の戒律を他人に押し付けるのはいかがなものかとも思うが、トラブルになるのは避けたい。

 

「ソーリーソーリー」

 

謝ってから、ビール缶をビニール袋の中にしまった。まあ、その後タオルにくるんでこっそり飲んだけど。

 

実は、世界でも路上で飲酒する文化がある国は多くない。日本ではコンビニでお酒を買って公園で乾杯するのは当たり前だったが、世界的には非常識な行動である。

自分の出身大学では多くの学生が路上で一気飲みして、高田馬場の駅前を吐しゃ物まみれにした挙句に倒れて寝ている。

 

この国の人たちからしたら戒律面でも、治安の面でも信じられない光景なんだろうな。

 

しかし、暑い中外でキンキンに冷えたビールを飲む感覚が味わえにとは。日本に生まれてよかったとあらためて思う。 

 

5000000000ジンバブエドルを手に入れた ~アフリカ旅行記㉑~

ヴィクトリアフォールを堪能しきった前回 ↓

sakigake.hateblo.jp

 

 

◆ブラワヨに到着

リビングストンから夜行バスに乗り、朝方ブラワヨの街に到着する。

f:id:takahiro-saito0104:20190101223407j:plain

 

リビングストンはヴィクトリアフォールを中心とする「豊かな観光都市」だったので、ここからが本当のジンバブエという印象だ。


日本出国までは、ジンバブエについて「貧しい」という印象を持っていた。

 

というのも、日本で流れる数少ないジンバブエのニュースは、経済状況悪化に伴うハイパーインフレに関する物だったからだ。

当時のニュース画面に映っていた、おびただしい数の0が並ぶ紙幣は視聴者に強烈なインパクトを与えた。

しかし、実はジンバブエは元々はアフリカの中でも豊かな部類に入る国で、経済政策の失敗によって紙幣価値が暴落→インフレという結果になったにすぎない。

現在は経済状況も全盛期ほどではないにしろ、かなり回復してきていて、少なくとも都市部では貧困にあえいでいる様子は見られない。

有名なジンバブエドルもインフレが限界に達して以降は使われておらず、USドルが通貨として使われてきた


ちなみにジンバブエドルの紙幣は最終的に「1兆」まで発行されたとのこと。

数字にすると1000000000000。もはや0が1つくらい少なくてもバレなさそうだ。

 

ジンバブエドルを手に入れよう

そしてせっかくジンバブエに来たのだから、ジンバブエドルは是非とも手に入れたいところ。

既に流通していないこの紙幣だが、入手自体はそんなに難しくない。

土産物として観光地で普通に売られているからだ。

 

 

しかし1枚あたり3~5ドル程度と結構な金額をふっかけてくるし、ただ買うのでは面白くない。


そこでせっかくなので、街の人からジンバブエドルを買うことにした。

 

他にブラワヨでやることもないし。

 


ジンバブエドル持ってない?高額で買うよ!」

 

街行く人々に声をかけまくって、良い返事をもらえた人とは翌日同じ場所にて落ち合うことを約束する。

 

ジンバブエでは珍しい日本人が、旧紙幣を求めて声をかけ続ける光景は、さぞ不気味に映ったことだろう。

 

反応は概ね上々で、翌日家からジンバブエドルを持ってきてくれると約束してくれた。
貨幣としての価値を失って、紙くず同然になっていた紙幣がお金に変わるのだから願ってもない話なのだろう。とても嬉しそうにしながら家に帰っていった。

 

そして翌日、


約束通りジンバブエドルを持ってきてくれた。

 

f:id:takahiro-saito0104:20190101230707j:plain




最大で5000000000ジンバブエドル紙幣までが手に入った。

しかも土産として売られている金額の5分の1程度で。
本当はもっとも最大額面の1兆ジンバブエドルを手に入れたかったのだが、贅沢は言えない。

ちなみに紙幣のデザインを考えるのが面倒になったのか、一定の金額以上は全て同じ「グレート・ジンバブエ遺跡」という古代遺跡が描かれている。

 

USドルでこれの額面100分の1でもあったらなあ。

f:id:takahiro-saito0104:20181226005311j:plain

高額身代金を得た誘拐犯ごっこ

 

ヴィクトリアフォール・ザンビア側からジンバブエ側へ ~アフリカ旅行記⑳~

ヴィクトリアフォールに辿り着いた前回 ↓

 

sakigake.hateblo.jp

 

1.橋を渡ってジンバブエ

想像以上の迫力だったヴィクトリアフォールをザンビア側から堪能した後は、橋を渡ってジンバブエへ。バスでの国境越えは何度かしているが、歩いて国境を渡るのは初めての経験だ。

苦労して辿り着いたけど、さよならサンビア。

 

  

f:id:takahiro-saito0104:20181230112902j:plain

ザンビアジンバブエ 入国管理所

ザンビアジンバブエ間にかかる橋の手前に建っている、掘っ立て小屋のような入国管理局でザンビアからの出国手続きとジンバブエへの入国手続きを行う。 

f:id:takahiro-saito0104:20181230113334j:plain

猿が自由に歩き回る入国管理所

 

国境で再びビザ代50ドルを取られながら、無事ジンバブエ入国。

f:id:takahiro-saito0104:20181230114057j:plain

ヴィクトリアフォールにかかる橋。バンジージャンプが名物

両国間にかかる橋では、バンジージャンプが名物となっている。

ぜひとも挑戦したかったが、長蛇の列&120USドルという高額のため、断念した。

貧乏バックパッカーにとって120ドルの出費は痛い。

f:id:takahiro-saito0104:20181230133818j:plain

入国した瞬間に、ダッチワイフ目立ちまくり・・・

 

 

 

まずはゲストハウスにチェックインして、今度はジンバブエ側のヴィクトリアフォールへ。

 

ちなみにこの日の宿は

 

f:id:takahiro-saito0104:20181230134942j:plain

 

テントだ・・・。

 

マラリアを持った蚊が入ってくると、やっつけるまで絶対に寝られない。
こういう時だけはアフリカ怖いなと思う。

 

翌朝、ヴィクトリアフォールのジンバブエ側に入場。

f:id:takahiro-saito0104:20181230135234j:plain

f:id:takahiro-saito0104:20181230135255j:plain

f:id:takahiro-saito0104:20181226004751j:plain

f:id:takahiro-saito0104:20181226004627j:plain

f:id:takahiro-saito0104:20181226004932j:plain


水量がとにかく激しく迫力満点だったザンビア側と比べて、雄大な自然を感じられるジンバブエ側。
どちらも甲乙つけがたい素晴らしさだった。

f:id:takahiro-saito0104:20181230135353j:plain

f:id:takahiro-saito0104:20181226004924j:plain

ヴィクトリアフォールで会った女性。一人旅でハラレから来ているそう。アフリカにおいて女性が一人で旅できるのは、相当に裕福な証拠だ。さすがは一大観光地。

 

2.リビングストンは物価が高い


ヴィクトリアフォールの玄関口、ここリビングストンは観光に特化した街だ。
行き交う人の一定数は観光客(しかもだいたい裕福)だし、住んでいる人も観光客を相手にしたホテルやレストランが多い。

物価も観光プライスなので、かなり高い。この周辺に至ってはアフリカということを忘れてしまうほどだ。


レストランは安くても20USドルほどとお財布に優しくないので、食事は基本的にスーパーでお惣菜を買う。貧しい。

f:id:takahiro-saito0104:20181226004758j:plain

f:id:takahiro-saito0104:20181226004804j:plain

スーパーで買うお惣菜は意外とうまい

 

この物価で何日も滞在するのは辛い。

ヴィクトリアフォールを堪能した後は早々にリビングストンから離れて、ブラワヨの街へと向かう。

 

世界三大瀑布・ヴィクトリアフォールへ ~アフリカ旅行記⑲~

 ↓ タンザン鉄道の長旅を終え、ようやくザンビアに到着した前回

sakigake.hateblo.jp

 

1.ザンビアの滞在日数わずか2日

 

ザンビアの首都、ルサカに到着。なかなかの活気だ。

朝に出発して、到着は夕方に。

 

f:id:takahiro-saito0104:20181222220453j:plain

首都のルサカに到着

 

f:id:takahiro-saito0104:20181222220531j:plain

ルサカのスーパー

 

 

タンザニアを出発して丸3日間を費やしてようやく辿り着いたザンビアだが、翌日には隣国・ジンバブエへと渡る。

というのも、ザンビアにはめぼしいスポットが1つしかないからだ。

 

ナイアガラの滝・イグアスの滝と並んで「世界三大瀑布」に数えられる、

ヴィクトリアフォール

ザンビア唯一にして、最大の観光スポットだ。

ザンビアと隣国ジンバブエにまたがる巨大な滝、ヴィクトリアフォールを観覧した後はそのままジンバブエにわたる予定になっている。

 渡航に費やした日数3日・滞在2日

 

f:id:takahiro-saito0104:20181222220603j:plain

ルサカのホテル。プール付き

翌日はヴィクトリアフォールに渡るので、今晩はルサカに1泊する。

お洒落なレストランも併設されている上にプールまでついたゲストハウスが、15USドル。まるで楽園だ。

なにより久々に落ち着いた環境で眠れるのが、この上なく嬉しい。

 

2.ヴィクトリアフォールへ

翌朝、ルサカを出発してヴィクトリアフォールがある、リビングストンへ出発する。

10人乗りのバンで、6時間ほどの行程だ。

移動&移動&移動

 

f:id:takahiro-saito0104:20181222221335j:plain

 

バンは常時120キロを超える、すさまじいスピードで道を疾走。

ひびが入ったフロントガラスが恐怖にかきたてる。

 

f:id:takahiro-saito0104:20181222221403j:plain

リビングストンに到着

リビングストンはアフリカらしい雑踏とは無縁の、穏やかな街並みが特長。さすがは世界中から人が訪れるヴィクトリアフォールの玄関口といったところか。

車には箱乗りしてるけど。

 

f:id:takahiro-saito0104:20181222221108j:plain

セブンイレブンも発見。しかし酒しか売ってない。

 

 

3.ヴィクトリアフォールに到着

リビングストンの街からバスでしばらくいくと、いよいよお目当てのヴィクトリアフォールが見えてくる。

 

f:id:takahiro-saito0104:20181224130020j:plain

f:id:takahiro-saito0104:20181224130131j:plain

 

 

あまりの水量に、しぶきでまともに撮影ができない。

すごすぎて、すごいという小学生以下の感想しか出てこない。

自分のボキャブラリーのなさが悲しくなってくる。

 

天気は快晴にもかかわらず、舞い上がったしぶきが豪雨のように降り注ぐ。

f:id:takahiro-saito0104:20181224143558j:plain

ダッチワイフでしぶきを防ぐ先輩

 

f:id:takahiro-saito0104:20181224143725j:plain

 

ダッチワイフはここでも大活躍!

 

f:id:takahiro-saito0104:20181224143801j:plain

 

ザンビアに来るまで本当に大変だったけど、ここは苦労してでも来る価値がある。

まあ、普通の人はタンザン鉄道ではなく、ヨーロッパ経由して飛行機で直接来るので肉体的苦痛なく来られるのだが
 

次回は、ヴィクトリアフォールにかかる橋を渡って、ジンバブエに。

乗車時間48時間⇒72時間!ザンビアに到着 ~アフリカ旅行記⑱~

 タンザン鉄道にひたすら揺られ続けた前回

sakigake.hateblo.jp

 

 

1.列車内で入国審査

f:id:takahiro-saito0104:20181209123454j:plain

タンザン鉄道乗車後3度目の夜が明けた。

前夜は非常に寝苦しかった。

客室内にはエアコンがないが、夜に窓を開けると蚊が入り込んでくる。そしてアフリカの蚊、特に夜間に動く蚊はマラリアを持っている可能性が非常に高いので、どんなに暑くても絶対に窓を開けるわけにいかなかったのだ。

 

いよいよ、タンザニアザンビアの国境へ到着する。

 

入国審査は車内で行われる。
入国管理官のお姉さんからのの質問(観光の目的など)に答え、ビザ申請用紙に必要事項を書き込む。

記入後はビザ代50ドルを支払う。

東アフリカはどの国に行っても、50ドル前後のビザ代をとられる。高すぎ。

 

陸路国境はアジアなどでも経験したが電車内というのは初めてだったので、写真を撮ったところ・・・

 

f:id:takahiro-saito0104:20181212133516j:plain

入国管理官のお姉さん


怒られた・・・

 

入国審査中は写真を撮ってはいけなかったらしい。

乗車前に警察から怒られたのに続いて、乗車中も怒られるとは。

 

ちょっと怒られた以外には特段の問題もなく、無事ザンビア入国。

 

車内をうろついていた闇両替商にお願いして、タンザニア通貨・シリン

グからザンビア通貨・クワチャへの両替も済ませておく。

韓国人のおっちゃんに貰ったお金、本当にありがたい。 

 

2. ザンビアのニューカピリムポシに到着

国境通過からさらに数時間、列車はようやくザンビアの「ニュー・カピリムポシ」に到着する。

f:id:takahiro-saito0104:20181220003409j:plain

やっと終わった72時間鉄道旅

 

72時間におよぶ、尻と腰に多大な負担を強いた長い汽車旅が終わりを告げた瞬間だった。

予定時間は48時間だったのに、まさか丸一日も遅延するとは。

車体が古いことや、中国製のため故障の連続だったことがここまでの遅延に繋がったのだそう。

 

中国はアフリカ諸国で電車以外にも、道路や水道といったインフラを構築してきたがいずれも破損ばかりだ。

世界に「安かろう悪かろう」の粗悪品をバラまくのは勘弁してほしい。

 

 3.ザンビアの首都・ルサカ

 

ニュー・カピリムポシ駅の周辺には本当になにもない。

両替商もいないので、韓国人のおっちゃんからお金を恵んでもらっていなかったらバスにも乗れないところだった・・・

 

f:id:takahiro-saito0104:20181220003551j:plain

 

ここからさらに数十キロ南下して、首都の「ルサカ」に向かうことになる。72時間の汽車旅が終わったら今度は車移動だ。本格的に尻が痛い。

 

群がるタクシー運転手からの勧誘を断り、5分の1程度の運賃でルサカまで行けるローカルバス乗り場へ。

 

f:id:takahiro-saito0104:20181220003617j:plain

f:id:takahiro-saito0104:20181220003632j:plain

満席になるまで発車しないバス



乗せられるだけ人を乗せて発進する。過積載などおかまいなしだ。

 

バックパックを置くスペースなどないので、ヒザの上に置く。10キロ近い荷物が膝を圧迫し続けるのは、なかなかの苦行だった。

 

f:id:takahiro-saito0104:20181220003809j:plain

何を運んでいるのだろう

f:id:takahiro-saito0104:20181220003842j:plain

停車中には物を売りに来る


 

そしてGPSで場所を見ていても、なかなか先に進まない。

アフリカに限らず途上国におけるメインの交通手段はバスだ。そしてこのバスは停留所を巡るのではなく、「乗りたいところで止めて降りたいところ降りる」という乗合タクシーのようなシステムになっている。

 

動いては停まるを繰り返すことになるので、わずかな距離を進むのに膨大な時間がかかるのだ。

足の血管は発進・停車を繰り返すたびに、限界へと近づいていく・・・

 

 

 

夕方ごろ、バスはようやく首都のルサカに到着する。

 

やっと列車旅が終わって一息つけると油断した後の長時間バスはなかなかに辛かった・・・

 

 

 

ロッテも参考にしてほしいラミゴの応援スタイル

headlines.yahoo.co.jp

 ↓ 以前台湾まで観に行ったラミゴモンキーズの試合

sakigake.hateblo.jp

f:id:takahiro-saito0104:20181214214134j:plain

ラミゴ応援団長の飛行機パフォーマンス


ロッテに入団するものとばかり思っていたワン・ボーロンが日本ハムに入ることになっていまだへこんでいる。

わざわざ彼を観るためだけに台湾まで足を運んだのに・・・。

まあハムに入っても応援するのでロッテ戦以外で頑張ってほしい。

Yahooの記事で読んだが、やはり彼が応援団長だったのか。

しかも球団が正社員で雇っているという。まあ私設応援団で飛行機パフォーマンスなんて出来るはずもないか。

 

ラミゴと友好関係を結んでいる我らがマリーンズも、かつては伝説の応援団長・ジントシオ氏をロッテの職員として雇い入れていたが、今は楽天へと去られてしまった。

それ以来、今一つ応援団と外野のファンが一体になれていない気がしている。

 

今一度、球団が音頭をとってかつてのように、他球団のファンからも評判となった応援を復活させてほしい。