Takalog ~世界一周 旅行記~

東南アジア・アフリカ・中東・中南米・・・世界一周の記録

ヨハネスブルグの安全地帯、白人居住地を目指せ! ~アフリカ旅行記㉕~

  超犯罪都市南アフリカヨハネスブルグのバスターミナルに到着して、震えながら過ごした前回 ↓

sakigake.hateblo.jp

 

1.勇気を出して外へ・・・

f:id:takahiro-saito0104:20200108151312j:plain

 (かつては)世界最凶都市と言われた、ヨハネスブルグ。おそるおそる安全地帯のバスターミナルから外へと、慎重に踏みだす。

f:id:takahiro-saito0104:20200108151326j:plain

 

見たところ、凶悪そうな眼付きの人間はいない。どこの国にもある、普通のビル街だ。

 

ただ、我々のような黄色人種は他にいないので、相当に目立つ存在であるのは確か。どこからか狙われているのではと再び疑心暗鬼に陥る。

 

 

f:id:takahiro-saito0104:20200108151523j:plain



なんかやたらと見すぼらしいビルが・・・。世紀末な香りを感じる。こんなに窓が開いているのはなぜだ?そんなに空気が悪くて換気の必要があるのか?

 

 早くこんなところとはおさらばして、安全な宿に逃げ込みたい・・・

 

2.まるでビバリーヒルズ?一転平和な風景が・・・

 

f:id:takahiro-saito0104:20200116171759j:plain


予約しているゲストハウスへと向かうべく、足早にバスへと乗り込む。

バス停が四方を覆われているあたりのも、襲われるのを防ぐためなんだろう。

 

3.地獄脱出!郊外には「白人の天国」が

f:id:takahiro-saito0104:20200116171819j:plain

 

バスに乗り込んで約10分、ヨハネスブルグの中心街を離れると・・・

 

まるで海外学園ドラマに出てきそうな、緑あふれる風景に豪華な住宅があちらこちらに。

そして何より、ここまで旅行者を覗いて黒人ばかりだったのに、バスに乗っている人も街を歩く人も白人ばかりだ。これが白人居住区というやつか。

 

 

アパルトヘイトが廃止されたものの、黒人・白人の貧富の差がすぐに埋まるはずもなく、強盗行為が頻発。

 

f:id:takahiro-saito0104:20200117005541j:plain

中心街はこんなんで埋め尽くされてしまったがために、富裕層の白人は郊外へと移り住んだという。

大都市の中心部が丸ごと見捨てられる、なんて世界でも珍しいのではないだろうか。

 

 

 4.天国ゲストハウスへ到着!1000円で超ハイクオリティ

f:id:takahiro-saito0104:20200108151418j:plain

 ほどなくして、宿泊予定のゲストハウスに到着する。

 

f:id:takahiro-saito0104:20200108151447j:plain

美しい庭にプールまで着いている。さっきまで北斗の拳の世界にいたはずなのに、

なんだこの落差・・・

f:id:takahiro-saito0104:20200108151440j:plain

かわいい猫ちゃんも。

f:id:takahiro-saito0104:20200108151454j:plain
f:id:takahiro-saito0104:20200108151501j:plain

フレークにスムージーまでついて、宿泊料はなんと10ドル!

日本円にして1000円強というから驚きだ。

 

オーナーのおじさんは裕福そうな白人なので、なかば道楽としてやっているのかもしれない。

ヨハネスブルグに着いたときはどうなることかと思ったが、ここは本当に天国だ。

 

5.やっと安息の地に着いたのに・・・

胃に穴が開くような思いでここまで来た。

アフリカ入りする前から心配だった、ヨハネスブルグ。やっと安全なところまで来られた。

後は、2日後の南米・チリ行きフライトまで猫ちゃんと遊びながらのんびりすればいい。

 

猫ちゃんを膝に乗せ、快適なWI‐FI環境でスマホを眺める。

 

 

 

のんびりと流れる時間・・・

 

 

 

 

しかし・・・暇だ。

 

 

 

やることがない。

 

 

 

 

そうだ、街に出よう。

 

 

我々が選択したのは、あの凶悪都市・ヨハネスブルグ中心街へ戻るという、イカれた選択肢だった。

「昼間なら強盗もおらんやろ」

希望的観測と怖い物見たさで、再びヨハネスブルグの中心街へと戻ることに。昨晩、震えながら過ごしたバスターミナルの恐怖はわずか2時間で消え去ってしまった。

 

 

人間は一度平和のありがたみを享受すると、今度は刺激を求めるようになってしまう。

我々の平和への感謝の期間は極端に短かったが。

 

 

 

貴重品を全て宿に置き、再び北斗の拳の世界へ・・・

 

恐怖の街 ヨハネスブルグに到着 ~アフリカ旅行記㉔~

終盤に差し掛かって中断していた、東アフリカ旅行記

ヨハネスブルグへ向かうバスの中で、洗脳ビデオを見続けた前回 ↓ 

sakigake.hateblo.jp

触るだけで半身不随の人が歩けるようになったりと、ツッコミどころオンリーな内容だった。

1.ヨハネスブルグのバスターミナルに到着

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/t/takahiro-saito0104/20200108/20200108151241.jpg

ジンバブエから南アフリカへ入国。日本人はビザ不要なので問題なく通過できた。

そして国境からさらに数時間──いよいよ到着してしまった。恐怖の街、ヨハネスブルグに。

 

アフリカを陸路で進み続け、次の目的地である南米・チリに向かうためにはどうしてもヨハネスブルグの空港へ辿り着かねばならない。

 

「リアル北斗の拳

「強盗遭遇率150%」

 

事前にこの上なく物騒なワードばかり聞いていた、ヨハネスブルグ

地球の歩き方」にもこんな記述が。

南アフリカの強盗は頭を使わず身体を使う。ターゲットに集団でタックルし、倒れたところを身ぐるみ剥がす「タックル強盗」が横行している。

こええ・・・。

 

現在は南アフリカ政府も治安回復に力をいれており、サッカーの南アフリカワールドカップの際に強盗・犯罪者の一斉摘発を行ったらしいが、まだまだこの地を訪れるのは怖い。

 

20200108151312

バスターミナルに到着。皆怪しく思えてくる。

 

当然、深夜に出歩くのは危険なので、バスターミナルで夜を明かすことにした。

警備が厳重なターミナル内であれば、襲われる心配はない(と思う)。朝まで今後の方針を考えることに。

 

薄暗いターミナルの中で、スマホをいじりながら夜が明けるのを待つ。

時間がたつのが普段の何倍も遅く感じる。

その間も、次々と怪しい顔立ち(に見える)男が「タクシーはどうだい」「荷物を運ぼうか」と声をかけてくる。

 

付いていったら、身ぐるみはがされる予感しかしないので、当然丁重にお断りする。

 

 

 

2.意を決してターミナルから外へ

 

「眠ったら襲われる」

 

目の前にいる人すべてが怪しく思える──そんな疑心暗鬼に襲われながら、ただひたすら時間が過ぎるのを待ち続けた・・・。

20200108151319

売店で買ったチキン弁当で腹ごしらえ。普通にうまかった。

 

 

早く空港に行ってこのやばそうな町から脱出したい。 

 

 

睡魔に襲われながらも耐えきった数時間。

 

ようやく外が明るくなってきたし、いつまでもここにいては埒が明かないので、先輩に荷物を預けて外へ偵察に出かけることに。

お金は1ドルも持っていないから万が一強盗に襲われても大丈夫!

絶対遭いたくないけど。

 

3.意外と・・・安全?

いよいよ、安全圏であるバスターミナルから外へ出る。

RPGセーブポイントからモンスターだらけのダンジョンへ飛び出すようなもの。

飛び出した瞬間にゾンビのように強盗が寄ってくるかもしれない──震えながら、入り口から一歩を踏み出す。

20200108151326

よくあるビジネス街の風景だし、特に危険はなさそう。

白昼堂々強盗が現れるというのは、やはり昔の話だったようだ。

20200108151333

20200108151333

 

20200108151333

バスターミナル内で待機している先輩の所へ戻り、見た限りでは危険がなさそうな旨を報告。予約しているホテルへ向かうべく、再び外へと踏み出した。

ヴィクトリアフォールの水量がピンチ?100年ぶりの干ばつ・・・

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6344818

ジンバブエザンビアの国境にあるヴィクトリアフォールの水量が、異常なほど低下しているらしい。

100年ぶりの干ばつとのことで、水量の少なさが水力発電(国民への電力供給)へも影響しているとのこと。

1.かつては迫力満点だったヴィクトリアフォール

 f:id:takahiro-saito0104:20191209164108j:plain

アフリカ・ジンバブエザンビアの国境に流れるヴィクトリアフォールは、ナイアガラの滝・イグアスの滝と並んで「世界三大瀑布」にも数えられる、両国屈指の観光スポット。

3年ほど前に世界一周していた際に訪れたが、とにかくその水量がすさまじかった。

f:id:takahiro-saito0104:20191209164044j:plain

激しい落差から打ち付けられて跳ね上がったしぶきは上空まで舞い上がり、雨のように降り注いだ。

場所や天候によっては常に虹がかかっていることも。

f:id:takahiro-saito0104:20191209164052j:plain

まさか晴天でずぶ濡れになるとは思いもしなかった。

この時一緒にいた大学の先輩にいたっては、雨除けのためになぜか持参していたダッチワイフでふりしきる飛沫を防ごうとしていたという。なお、かけらも防げなかった模様。

2.歴史的な規模の干ばつで大ピンチ!

f:id:takahiro-saito0104:20191209173051j:plain

とにかくすさまじい水量が脳裏に焼き付いているヴィクトリアフォールだったが、なんと2019年12月のニュースによると、100年に1度クラスの大干ばつで以前とは比べ物にならないほど水量が減ってしまっているという。

ヴィクトリアフォールには、ヨーロッパ・北米の先進諸国から大勢の観光客が押し寄せる。滝の迫力が半減してしまっては、両国にとっては大打撃だろう。

正直、自分の場合もヴィクトリアフォールだけを目当てにザンビアへ行ったようなものなので、同様にヴィクトリアフォールがいまいちなら行かないという人も多いと思う。

 

また、水力発電のエネルギー源ともなっているので、停電が発生する可能性も高まるだろう。

日本は先日の巨大台風で千葉などが停電に見舞われて大パニックになったが、アフリカでは停電は日常茶飯事と言えるほど電力状況は悪い。

これ以上電力の供給環境が悪くなったら、生命の危機にも直結するのではないか。

ジンバブエなどは、せっかくインフレや経済不況から立ち直りつつあっただけに心配だ。

 

ワシントンナショナルズ、ワールドシリーズ初制覇!

ワシントン・ナショナルズ、2019年ワールドシリーズ初制覇!メジャーで唯一観に行ったことがある球団だけに感慨深い。

 

f:id:takahiro-saito0104:20180718232300j:plain



鬼のように強いアストロズに3連敗したときは完全に終わったと思ったけど、そこから奇跡の4連勝。

最終第7戦はグリンキーVSシャーザーという熱すぎる両先発に加えて、継投でもお互いエース級を次々投入。しかも元DeNAアストロズ・グリエルが先制ホームランを打つという激熱展開に興奮して、更新できてなかったブログを再開してしまった。

しかも、ブライス・ハーパー移籍した年に初のリーグ優勝&ワールドシリーズ優勝というのが、本当にすごい。

荒々しかったエースのストラスバーグも、髭を蓄えたせいかすっかり貫禄が出て、コントロール重視を重視した大人のピッチングをするようになった。

 

大満足!

 

イランへの渡航したせいでアメリカへの入国禁止だったから去年・今年とMLB観戦に行けなかったけど、来年2月には渡航禁止が解けるのでまた観戦しに行きたいな。次はエンジェルス・ドジャースあたりか。

 

 

ブログ完全にサボってたくせに、久々の投稿が野球ネタというwこれを機に、アフリカ編で止まってたブログを更新しようかな。

 

もはや教祖!半身不随も全盲も治すアフリカの英雄「パスター・クリス」 ~アフリカ旅行記㉓~

 ジンバブエ ラストナイト。芋虫食ったり、路上でビール飲んで怒られたり ↓

sakigake.hateblo.jp

 

 

1.アフリカ編のラスボス・恐怖のヨハネスブルグ

 

1か月近くかけてきた東アフリカ編もいよいよ終盤に。最後はバスで南下して、アフリカ三大危険都市・ヨハネスブルグへと向かうことになる。

 

 

ヨハネスブルグ──

ダル・エス・サラーム(タンザニア)とナイロビ(ケニア)と並んでアフリカ三大危険都市に数えられる恐怖の街だ。

 

その恐怖伝説は枚挙に暇がない。

 

  • 強盗遭遇率150%
    街を歩けば必ず強盗に遭う。二度目に遭うかどうかは運次第 
  • 入ると絶対に死ぬビルがある
    犯罪者たちに乗っ取られたビルがあり、一般人は入った瞬間に射殺される 
  • ホテルが襲われ、宿泊客「全員」が強姦される
    夜にホテルが襲撃を受け、「男も女も」構わず全員が強姦される

 

 等々、恐ろしすぎる伝説が語り継がれている。

 

 

命知らずアピールをしたいわけでもないので、この街に行くのは避けたかった。しかし、南米に向かう飛行機が、ヨハネスブルグ発しかとれなかったのだ。

 

恐怖に震えながらも、ヨハネス行きのバスに乗り込む。

 

2.バスに日本人が乗ってると狙われる?

ジンバブエのブラワヨからヨハネスブルグまでは、約10時間ほど。

バスに乗って自分の席を見つけたのだが、何かがおかしい。

 

なぜか我々二人の席が両方とも通路側なのだ。

 

普通なら二人組には通路側・窓際をあてがうか、窓際席を前後であてがうはず。乗車率も7割弱といったところで、十分に余裕もあった。

 

不思議に思って乗務員に理由を聞いたところ、

 

「日本人が乗っていることが分かると、強盗に襲われるから」

 

とのこと。

ヨハネスブルグの治安はよくなっているとは聞いているが、怖すぎる・・・

 

 

3.生ける伝説!その名はパスター・クリス

バスの中では、30分ほどのDVDがエンドレスで流れていた。

 

「パスター・クリス」という有名な牧師が今まで起こしてきた「奇跡」の数々を紹介するという映像なのだが、なかなかにカルト臭かったので見入ってしまった。

 

↓ 彼がパスター・クリス

 

f:id:takahiro-saito0104:20190130110250j:plain

 

両足に障害を抱え、希望を失った少女

 

f:id:takahiro-saito0104:20190130110237j:plain

 

 

しかし、パスタークリスは彼女にエネルギーを送っただけで完治させてしまう。

まさに奇跡である。

 

 

↓ 車いすから立ち上がり、恩人・クリスの胸に飛び込む少女

 

 

↓ 全盲の少年も、クリスが触れただけで目に光を取り戻す



↓ 会場で奇跡の数々を目の当たりにして、歓声をあげる観客たち。

 f:id:takahiro-saito0104:20190130110241j:plain

 

他にも、寝たきりの老人に触れた瞬間起き上がる、末期ガンを完治させるなど数々の奇跡を起こしていく、パスター・クリス。

 

もはや一介の歌手を超えた、神にも等しい存在といえるだろう。

彼がいれば、世界の1つや2つ救えるのでは。

 

そして、この1ループ30分程度ビデオが、ブラワヨからヨハネスブルグまでの10時間の間、延々と流されている。どこぞのサティアンかと思った。

 

この映像をエンドレスで流そうと決めたバス会社にも、狂気を感じる。

アフリカの人はよほど救いを求めているのかもしれない。

 

ある意味、ヴィクトリアフォールなみの印象を脳裏に残してくれた映像を眺めながら、バスは恐怖のヨハネスブルグに到着する。

 

強盗が最も活発に動く深夜に・・・

 

ジンバブエ最後の夜に乾杯!したら怒られた ~アフリカ旅行記㉒~

長らく更新をサボってしまった。あの有名なインフレ紙幣、ジンバブエドルを手に入れた前回 ↓

 

sakigake.hateblo.jp

 

 

1.USドルの補給ポイント ジンバブエ

ジンバブエは飯もうまいし、人も優しい。

 

 

ノリで食べてしまった芋虫。食べた瞬間に吐くかと思ったけど、うまくもまずくもないリアクションに困る味だった。

 

 

何を食べてもそこそこうまいし、なにより1ドル~2ドル程度とコストパフォーマンスが抜群。

しかし、最もよかったのは

「USドルがおろせる」ということだ。

 

ホテルや電車のチケット、サファリツアーの代金など、アフリカでは多くの場面でUSドル払いを要求される。

日本人からしたら考えられない話だが、東アフリカのように経済が不安定な国の人々は、自国の通貨を信用していない。

実際にハイパーインフレに陥ったジンバブエのように、「自国の通貨が紙くず同然の価値にまで暴落してしまうかもしれない」という懸念を常に持っているので、世界的に信用力が高いUSドルを持っておきたいのだと思う。

 

ところが。アフリカではさまざまな場面でUSドルが必要にも関わらず、街のATMでクレジットカードを使っておろせるのは現地通貨のみ

 

必要なのに、補充できない──これは治安・衛生と同じくらい東アフリカ旅行の難易度を大きく引き上げる要因となっている。

 

ちなみに、日本円は海外では基本的に「ザコキャラ」である。タイや台湾など、アジアの数国やアメリカを除いて、換金レートは非常に悪い。

 世界的で断トツに強いのはUSドル、次いで旧フランス領で強いEUROといったところか。

 

必要なのにおろせない──少しずつUSドルが失われていく恐怖感がつきまとうアフリカにおいて、オアシスとなるのがジンバブエだ。

ジンバブエは自国通貨としてUSドルを使用しているので、ATMからUSドルを補給できるのである。

 

枯渇寸前だったUSドル紙幣がATMから出てきたときの喜びは、今でも覚えている。

 

ATMから当たり前のようにお金をおろせる──日本では当たり前すぎて感謝もしないことだが、アフリカではありがたく感じられる。

 

 

 

ブラワヨはジンバブエでもかなり大きい部類に入る街で、そこそこ活気に溢れている。

 

マーケットではソーラーパネルとか普通に売ってるけど、誰が買うんだろう。

 

 

 

2.ジンバブエの博物館はすばらしい

 

ブラワヨでは博物館見学に。

博物館見学に興味があったというより、暇だったので時間つぶしに入ろうと思った程度だったのだが、結果的に大当たりだった。

 3階建ての広大な館内は、「地球の歴史ゾーン」「人類の歴史ゾーン」「宇宙の歴史ゾーン」といったように、テーマごとの歴史が学べるようになっている。

 

 

造形物もハイクオリティで、1日いても飽きない構造になっている。

 

「所詮アフリカの博物館だろ」

 

そう思っていたのが恥ずかしい。

 

 

3.ジンバブエ最後の夜に乾杯!したら怒られた

 

いよいよ、翌日はジンバブエを離れて南アフリカヨハネスブルグに向かうことに。

 

いろいろあったアフリカも、終盤になってくると柄にもなく感慨深くなってくる。

ジンバブエ最後の夜にささやかな祝杯をあげようと、スーパーでビールを購入する。

 

早速飲もうと思い、スーパーを出たところで「プシュッ」と缶タブを引っ張ったところ・・・

 

 

「〇※▼#◎%*!!!!!」

 

 

缶を開けると同時に、怒り狂った複数の住民が向かってくる。

 

言っていることはわからないが、

どうやら路上でビールを飲んでいることに激怒しているようだ。宗教上飲酒が禁じられているイスラム教徒が多くいるジンバブエでは、人前で飲酒するなど、もってのほかなのだろう。

 

本当にこの旅はよく怒られるなあ。

 

自分の宗教の戒律を他人に押し付けるのはいかがなものかとも思うが、トラブルになるのは避けたい。

 

「ソーリーソーリー」

 

謝ってから、ビール缶をビニール袋の中にしまった。まあ、その後タオルにくるんでこっそり飲んだけど。

 

実は、世界でも路上で飲酒する文化がある国は多くない。日本ではコンビニでお酒を買って公園で乾杯するのは当たり前だったが、世界的には非常識な行動である。

自分の出身大学では多くの学生が路上で一気飲みして、高田馬場の駅前を吐しゃ物まみれにした挙句に倒れて寝ている。

 

この国の人たちからしたら戒律面でも、治安の面でも信じられない光景なんだろうな。

 

しかし、暑い中外でキンキンに冷えたビールを飲む感覚が味わえにとは。日本に生まれてよかったとあらためて思う。 

 

5000000000ジンバブエドルを手に入れた ~アフリカ旅行記㉑~

ヴィクトリアフォールを堪能しきった前回 ↓

sakigake.hateblo.jp

 

 

◆ブラワヨに到着

リビングストンから夜行バスに乗り、朝方ブラワヨの街に到着する。

f:id:takahiro-saito0104:20190101223407j:plain

 

リビングストンはヴィクトリアフォールを中心とする「豊かな観光都市」だったので、ここからが本当のジンバブエという印象だ。


日本出国までは、ジンバブエについて「貧しい」という印象を持っていた。

 

というのも、日本で流れる数少ないジンバブエのニュースは、経済状況悪化に伴うハイパーインフレに関する物だったからだ。

当時のニュース画面に映っていた、おびただしい数の0が並ぶ紙幣は視聴者に強烈なインパクトを与えた。

しかし、実はジンバブエは元々はアフリカの中でも豊かな部類に入る国で、経済政策の失敗によって紙幣価値が暴落→インフレという結果になったにすぎない。

現在は経済状況も全盛期ほどではないにしろ、かなり回復してきていて、少なくとも都市部では貧困にあえいでいる様子は見られない。

有名なジンバブエドルもインフレが限界に達して以降は使われておらず、USドルが通貨として使われてきた


ちなみにジンバブエドルの紙幣は最終的に「1兆」まで発行されたとのこと。

数字にすると1000000000000。もはや0が1つくらい少なくてもバレなさそうだ。

 

ジンバブエドルを手に入れよう

そしてせっかくジンバブエに来たのだから、ジンバブエドルは是非とも手に入れたいところ。

既に流通していないこの紙幣だが、入手自体はそんなに難しくない。

土産物として観光地で普通に売られているからだ。

 

 

しかし1枚あたり3~5ドル程度と結構な金額をふっかけてくるし、ただ買うのでは面白くない。


そこでせっかくなので、街の人からジンバブエドルを買うことにした。

 

他にブラワヨでやることもないし。

 


ジンバブエドル持ってない?高額で買うよ!」

 

街行く人々に声をかけまくって、良い返事をもらえた人とは翌日同じ場所にて落ち合うことを約束する。

 

ジンバブエでは珍しい日本人が、旧紙幣を求めて声をかけ続ける光景は、さぞ不気味に映ったことだろう。

 

反応は概ね上々で、翌日家からジンバブエドルを持ってきてくれると約束してくれた。
貨幣としての価値を失って、紙くず同然になっていた紙幣がお金に変わるのだから願ってもない話なのだろう。とても嬉しそうにしながら家に帰っていった。

 

そして翌日、


約束通りジンバブエドルを持ってきてくれた。

 

f:id:takahiro-saito0104:20190101230707j:plain




最大で5000000000ジンバブエドル紙幣までが手に入った。

しかも土産として売られている金額の5分の1程度で。
本当はもっとも最大額面の1兆ジンバブエドルを手に入れたかったのだが、贅沢は言えない。

ちなみに紙幣のデザインを考えるのが面倒になったのか、一定の金額以上は全て同じ「グレート・ジンバブエ遺跡」という古代遺跡が描かれている。

 

USドルでこれの額面100分の1でもあったらなあ。

f:id:takahiro-saito0104:20181226005311j:plain

高額身代金を得た誘拐犯ごっこ