Takalog

東南アジア・アフリカ・中東・中南米・・・世界一周の記録

アフリカでコンドームを配ろう

スケジュール確認不足によって 、わずか1種類の予防接種でアフリカに向かうことになってしまう。

前回 ↓

sakigake.hateblo.jp

 現地で犬に噛まれようものなら、即座に狂犬病破傷風のリスクが付きまとうわけで恐ろしいことこの上ない。ケガ一つしてはいけないという、縛りプレイが確定してしまった瞬間である。

 

◆航空券を確保

予防接種も完了し(してない)、次は航空券の確保だ。

いつも航空券を確保するスカイスキャナーで調べたところ、

https://www.skyscanner.jp

3月出発の成田→カイロ(エジプト)の航空券が7万円ほどだった。大学生の春休みとぶつかる時期だったので価格の高騰が心配されたが、学生でエジプトやアフリカに行く人はほとんどいないせいかすごく価格が上がるようなことはなかったようだ。

これがタイやニューヨークのような人気スポットだと、繁盛期は閑散期の2倍や3倍というのもざらである。

 

◆アフリカ行くからボランティア

さて、航空券まで確定してアフリカに行くことは完全に決まったものの、依然として「アフリカに行って何をするのか」というもっとも大切なことが決まっていなかった。

 ・エジプトでピラミッド観光

 ・タンザニアでサファリ

 ・ジンバブエジンバブエドル(桁数がとんでもないやつ)ゲット

 ・ザンビアでヴィクトリアフォール(世界3大滝)に行く

 

せいぜい決まってたのはこのくらいだった。

全部併せても7日もあれば十分そうだし、途中が本当に暇そうだ。

 

そこで何をとち狂ったのか、唐突に思いついた。

 

「そうだ、アフリカでコンドームを配ろう」

 

アフリカといえばボランティア→アフリカといえばHIV→防止キャンペーンとしてコンドーム配ろうという

 

小学生レベルの短絡的な発想。手段と目的が完全に逆だ。

 

それまで一度もボランティアに興味を持ったことがない自分がまさかアフリカでボランティアをすることになるとは思いもしなかった。

 

奉仕精神を持って本気でボランティアに取り組んでいる人から見れば失礼な話だろう。まあ実際にアフリカの人たちの為になることをするので問題あるまい。

 

◆大手コンドームメーカー様より頂いた500個のコンドーム

早速コンドームの調達だ。

某大手メーカーO社のHPにアクセスし、カスタマー用のお問い合わせフォームにボランティアの為にコンドームを頂きたい旨を記入し送信した

そして翌日には早くも返信が来たのだが、これには正直びっくりした。

お問い合わせフォームは商品の意見やクレームなどを受け付けるのを主目的としているだろうと思っていたからだ。想定外の問い合わせがきたら上司に相談&方針検討でしばらくは時間がかかると思っていた。さすがはグローバル企業のスピード感。

 

返信は極めて好意的な内容で、一度企画書を送ってほしいとのことだった。早速会社員時代以来となる企画書作りに取り組む。アフリカでHIV防止キャンペーンとしてコンドーム配りをしたいので、貴社から製品提供をお願いしたいという旨をA4一枚にまとめて送る。

 

そして2日後、無事提供して頂ける運びとなり、大量のコンドームが送られてくる。

f:id:takahiro-saito0104:20180608104447j:plain

 

しかも先方で実施している防止キャンペーン用のゴムバンドまで。

本当にありがとうございました。

 

これでアフリカ旅行に向けて最後のピースも整った。