Takalog

東南アジア・アフリカ・中東・中南米・・・世界一周の記録

タンザニアの官僚と知り合いに ~アフリカ旅行記⑮~

ダルエスサラームに到着した前回 ↓

sakigake.hateblo.jp

 

 

 

 

1. ガッカリサファリ

 

「アフリカに来たんだからサファリくらい行かなきゃ」

 

特段サファリに興味があるわけでもなかったが、そんな強迫観念にも似た思いを抱きつつ、ダル・エス・サラームの市内から日帰りで行けるサファリツアーに参加した。

お値段は日本円にて約12000円ほど。 

f:id:takahiro-saito0104:20181206234149j:plain

 

f:id:takahiro-saito0104:20181206233840j:plain

途中の村

 

 

f:id:takahiro-saito0104:20181206233905j:plain

子どもかわいい

 

  

ダルエスサラーム市内から車で2時間程度行ったところで、サファリを楽しめる国立公園に到着するが、あいにくの天気。

 

 

 

f:id:takahiro-saito0104:20181206234218j:plain

 

動物、少ない・・・

 

結局見られたのはキリンくらいで、サイやライオンなどのメインどころは一切見られず。キリンは意外と足が速いということを知ったのが唯一の収穫。

 

 

肉食動物などを観たいならこうした「ハズレ」の日があるのを見越して、数日間はキャンプを張らなければならなかったのだろう。

正直サファリに対する気合が全く足りてなかった。

 

 

2.タンザニア官僚からおもてなし

 

夜はまさかのタンザニア官僚の家へお呼ばれ。

先輩が大学の友人づてに連絡をとって、約束をとりつけていた。

遠いアフリカの地でできた、まさかの人脈だ。つくづくすごいお人だと思う。

 

 

 

f:id:takahiro-saito0104:20181206234520j:plain

 

奥さんから手料理をごちそうになった。

 写真左上の肉まんみたいなのが、こちらの主食「シーマ」。トウモロコシをこねた物で、ご飯と並んでアフリカの食卓ではよく出てくる。

手でちぎって、肉や豆を煮込んだスープと一緒に食すのだが、最後まで今一つ馴染めなかった。

 

f:id:takahiro-saito0104:20181206234450j:plain

 

ビールもごちそうになったのだが、まさかのこのタイミングで体調不良に。

せっかくご馳走してくれたのに、味が全然わからない・・・

 

ここまで緊張の連続で、疲れが溜まっていたからかもしれない。

それでもせっかくのご厚意で頂けるので、そこそこの量は飲んだ。

結局この後二日ほど寝込む羽目になってしまった・・・

 

f:id:takahiro-saito0104:20181211003448j:plain

 

3.タンザニアからザンビアへ行く鉄道「タンザン鉄道」

 

タンザニアでの滞在を終え、近日中に隣国ザンビアへ行くことに。

タンザニアのダル・エス・サラームからザンビアまでは「タンザン鉄道」という電車が走っており、約48時間で到着する。丸二日という、なかなかの長旅だ。

 

この電車は満席になることも多い上に、週3本しか走っていない。

1度逃すと、既にやることが尽きたダル・エス・サラームでの滞在が伸びることになるというなかなかハードな状況だ。

 

しかもこの電車は1等席のチケットがなかなか取れず、しばしば満席になるのだとか。48時間も乗るのだからせめて1等車で行きたいところ。

 

ただ、こちらにはタンザニア官僚が付いている。

相談したところ、快く1等席を確保してくれた。食事をごちそうになっただけでなく列車のチケットまで。何から何までお世話になりっぱなしで、本当にありがたかった。

 

タンザニアに着いてから色々と順調すぎて怖いくらいだ。

 

f:id:takahiro-saito0104:20181206235656j:plain

出発前日、アフリカの民族舞踊を見学