Takalog

東南アジア・アフリカ・中東・中南米・・・世界一周の記録

カイロの繁華街からバスですぐ!ピラミッドへ行こう  アフリカ旅行記⑥

  

sakigake.hateblo.jp

 

全ての印象が、ぞう〇んインジェラに埋め尽くされたエチオピア1日観光を終え、
再び飛行機に搭乗。登場人物が踊りまくるステレオタイプなインド映画1本を観終わってうたた寝をしている間に、飛行機はカイロ空港へ到着する。

 

エジプト──幼少から抱いていた「ピラミッドを観たい」という夢がいよいよ叶う。
なぜ巨大建造物をつくったのか、いまだ全貌が解明されていない内部構造・・・
想像するだけでわくわくする、ミステリー満載のピラミッド。


ただ、今はインターネット時代。そうしたロマンを感じる心は、
事前の検索でそこそこに砕かれている。

 

「ピラミッドの入り口付近にはケンタッキー・フライド・チキンがある」
「ピラミッドの向こうには高層ビル群が見える」

 

など、神秘的ムードぶち壊しな情報がずらり。我々からすれば遠い地にあるロマンの塊でも、現地の人々にとってみればぶらっと行ける暇つぶし観光スポットなんだろうな。


インターネットが旅を身近に感じさせてくれたおかげでこの旅に出発できたわけだが、
一方でピラミッドへの理想像を減少させる原因となってしまっているわけで。
本当の意味で旅のスリルを楽しみたいのなら、事前情報を集めすぎるのも考え物だ。

それでも、長く恋焦がれたピラミッドに行けるとなれば、否応なく心は踊る。いざ、大都市カイロの中心街からピラミッドへ向かう。

 

もっとも有名なギザの三大ピラミッドはカイロ市内からローカルバスでわずか15分ほど。
超至近距離に位置しているのだが、ここで問題となるのがバスの乗り方だ。
当然ながら、アラビア語なんてかけらも話せない。唯一知ってるのは「アッサラームアライクム(こんにちは)」
だけ。地球の歩き方で覚えた。

しかし行き先を伝えられないからといって、安易にタクシーを選択してはならない。
貧乏バックパッカーはとにかく1円でも節約したい!というさびしいフトコロ事情もあるのだが、なにより問題なのが「世界3大ウザい国」と言われるエジプトの国民性である。
ちなみにあと2つはインドとモロッコ。インドには行った際にタクシー運転手ともめまくったのを覚えている。


バックパッカー旅行記によると、「とにかく金を払うときにもめる」「一度価格が妥結しても油断してはならない。平気で合意した金額を翻して追加請求してくる」
など、どのサイトでも恐ろしい記述ばかりだ。

 

そしてあくまで自分の経験による感覚だが、途上国のタクシー運転手というのは基本的に糞だ。最初に提示してくるのは人を馬鹿にしてるのかと思うような法外な金額だし、「バスで行きたいんだ」と伝えれば「バスは運転終わってるからタクシーで行くしかない」などと平気で嘘をつく。旅慣れしていない頃は何度も騙されそうになった。誠実に明朗会計してる運転手など1割もいないのではなかろうか。まあ彼らもタクシー業を営む車はリース品なので、1日ずつ、1台ずつが生活するための勝負だというのはわかるが。


少々脱線したが、結局ボッタくりや揉める可能性があるタクシーはつかわないという結論は変わらない。エジプト人✖タクシー運転手なんてウザさの王様のようなものとは極力関わりたくないので、なんとかしてバスの運ちゃんにピラミッドへ行きたい旨を告げる必要がある。

 

言葉は通じないのだから写真をスクショするかオフラインのGoogle翻訳をDLしてくればよかったと後悔したが、時すでに遅し。そして苦し紛れにとった手段は、

 

手で「△」マークをつくることだった。

 

そしてこれが見事に的中。運転手からバスに乗るよう促され、日本円にてわずか数十円のエジプトポンドを支払い、バスに乗り込む。

 

乗り過ごさないようにMaps.me(オフラインマップアプリ)とにらめっこするが、そんな心配をすることなく親切な乗客が15分程度進んだ後に「ここで降りなよ」と降車を促してくれた。

降車して10分ほど歩くと、遠方にいよいよあの巨大な三角が見えてくる・・・