Takalog

東南アジア・アフリカ・中東・中南米・・・世界一周の記録

大学で登壇させて頂きました

生まれ故郷の兵庫県豊岡市に滞在しているときに知り合った大学の先生から依頼されて、東洋大学のゼミで登壇することに。講演テーマは、
 

ホワイト企業辞めて旅に出たら人生が変わった」

 

という少々大げさなものを掲げました。

要は「生き方は色々あるから一つの価値観に縛られないほうがいいですよ」ということです。

 
私は新卒で入った会社を30手前で退職したのですが、当初は「こんなホワイト企業辞めたら人生終わり」くらいに思っていたんです。
 
もともと考え方はわりと保守的な方で、浪人や留年など多少の回り道はあったものの進学→就職→会社員生活という一般的(といわれる)レールにはずっと乗っていました。
 
ところが、訳あって退職してからは旅に目覚めて色々な国へ行くようになったのですが、色々な価値観に触れたことで「会社員と安定した生活こそ正義」というそれまで植え付けられていた価値観が絶対ではないことに気づくことが出来たんです。
 
ありがたいことに世界一周を終えて帰国した今は、ライターという自分がやりたかったことに近い仕事を頂けています。もちろんフリーという立場上、身分は不安定だし社会的信用も低いので大学生の皆さんにお勧めはできないルートです。それでも人生の正解は一つじゃないということだけはお伝えできたのかなと。
 
また、その気づきに至るためには、海外へ行くことが有効な手段の一つであることも強調しておきました。
手っ取り早く色々な価値観が半強制的に流れ込んでくる環境を国内で見つけるのは難しいですから。
 
講演は40分ほどで無事終了。
 
ゼミ生の皆さんは私のようないきなり現れた怪しい人物の話を真剣に聞いて下さり、話す側としてはとてもやりやすかったです。国際学部ということである程度海外への興味は持っているはず。長期休みを生かしていろいろな国へチャレンジして何か進路へのヒントを掴んでもらえたらうれしい限りです。
 
しかし大学時代ゼミに所属しておらず(早稲田商学部はゼミなしでも卒業できる)、授業にもろくに出ずに飲み&麻雀三昧という不良学生だった自分が大学で登壇することになろうとは思いもしませんでした。
 
素晴らしい機会を頂けて、感謝感激です。

f:id:takahiro-saito0104:20180611001002j:plain